定期的に利用する教育・保育施設

定期的に利用する教育・保育施設というと、保育所(園)や幼稚園をイメージされる方が多いのではないでしょうか。保育所(園)と幼稚園はもちろんですが、それ以外にも子どもが毎日のように利用することができる施設の種類がいろいろあります。例えば、認定こども園や、地域型保育事業、認可外保育施設などです。ここでは、どのような保育施設があるのかをご紹介します。

保育所(園) | 幼稚園 | 認定こども園 | 地域型保育事業 | 認可外保育施設

保育所(園)
保育所(園)とは、保護者が仕事や病気などのために、家庭で十分に保育することができない0歳から就学前までの子どもを、保護者に代わって保育することを目的とした児童福祉施設で、法的には保育所といいます。保育所のうち、国が定めた基準をクリアし、都道府県知事(政令市・中核市では市長)に認可された保育所を「認可保育所」といいます。
認可保育所には公立の保育所と私立の保育所がありますが、伊丹市には現在、公立と私立の保育所があります。保育料は、公立・私立ともに一律で、保護者の所得などに応じて伊丹市が決めた額になります。
幼稚園
幼稚園とは、学校教育法に基づき、3歳から就学前までの子どもに幼児教育を提供する施設です。1日4時間の教育を標準とし、小学校や中学校のように夏休みや春休みなどもありますが、最近では、教育時間終了後や長期休暇中の預かりを行う幼稚園も増えています。
幼稚園には、国や地方公共団体が設置する「公立幼稚園」(4歳から就学前まで)と、学校法人等が設置者となる「私立幼稚園」(3歳から就学前まで)がありますが、保育料は、保護者の所得などに応じて伊丹市が決めた額になります。
※ただし、新制度への移行を選択しない幼稚園については、入園手続きや保育料の仕組みなど、これまで通りです。
認定こども園
認定こども園とは、3歳から就学前の子どもに幼児教育を提供する「幼稚園機能」、0歳から就学前の子どもへ保育を提供する「保育所機能」、すべての子育て家庭を対象に、子育ての不安に対応した相談活動や親子が交流する場の提供などの「子育て支援機能」を併せ持つ施設で、都道府県知事が「認定こども園」として認定(「幼保連携型」のみ政令市・中核市の長が認可)した施設をいいます。
認定こども園には4つのタイプがありますが、伊丹市には現在、「幼保連携型」と「幼稚園型」の認定こども園があります。
地域型保育事業
3歳未満の保育が必要なお子さんを対象とする地域型保育事業には、下記の4つの事業があり、市区町村ごとに地域の保育ニーズに合ったものを実施することになっています。伊丹市では現在、下記の地域型保育事業を行っています。
 
小規模保育事業
3歳未満の保育が必要なお子さんを、比較的小規模(定員6人以上19人以下)で、家庭的保育に近い雰囲気のもとで、きめ細かな保育を実施するサービス。
保育所分園に近いA型、家庭的保育(グループ型小規模保育)に近いC型と、その中間的なB型の3タイプがあります。
事業所内保育事業
主に企業が従業員に対して仕事と子育ての両立支援策として実施するもので、定員は施設によりさまざまです。新しい制度のもとでは、利用定員に応じた地域枠を設け、3歳未満の保育が必要な地域の子どもも受け入れて、保育を実施します。
認可外保育施設
認可保育所以外の子どもを預かる保育施設の総称で、○○保育園、○○保育室、○○託児所、○○ベビールームなど、名称も保育内容もさまざまです。保育料は月極・時間単位の料金設定の場合が多く施設によって異なります。

子育て応援情報

「いたみすくすく」をシェアしよう
  • つぶやく