子育てパパさん応援コーナー

伊丹市は、子育て中のパパさんを応援します。
子育て中のご家庭において、ママの負担の軽減と子どもの安心・笑顔につなげるために子育てや家事に積極的に関わるパパはとても素敵です。
子育てを楽しむことは、自分自身の成長にもつながっていきます。
子育てにもっと関わりたいという男性が増える傾向にある一方で、制度改正もあり男性も育児休業が取りやすくなっています。
このコーナーでは子育て中のパパさんに役立つ情報のほか、おすすめイベント情報などについてまとめてお知らせします。

パパも育休をとってみませんか?

「育児休業(いわゆる育休)」はパパもとることができることをご存知の方は多いと思いますが、実はママが育休中だったり、専業主婦だったりしても、パパも育休をとれることはご存知でしたか? これまで育休なんて考えたこともなかったというパパも、まずは、「育児休業」について知ることから始めてみませんか。

パパも育休をとってみませんか?(全国版子育てタウンサイト)


親子で使える施設・スペース(いたみすくすくサイト)

出産を迎えるママのためにパパに知っておいてほしい5つのこと

1.赤ちゃんを迎える準備をしよう(妊娠・出産についての知識、家事、禁煙)

  • 妊娠出産の知識は出産病院での両親学級や市のもうすぐパパママ教室で聞く事ができます。積極的に参加・活用しましょう。
  • 家事はママの体調を見て、無理をしない程度に。力仕事(買い物、布団の上げ下ろし、布団干しなど)は積極的に動くようにしましょう。
  • タバコは母体、赤ちゃんとも悪影響を与えます。なるべく禁煙を心がけましょう。(赤ちゃんを迎える機会に禁煙に取り組むことをお勧めします。)

もうすぐパパママ教室

2.赤ちゃんの世話をしよう(抱っこ、オムツ替え、調乳、お風呂、歯磨き、寝かしつけ等)

  • 少しの事でもママは「助かったなあ」と思ってくれます。赤ちゃんと一緒にいるときは赤ちゃんの様子を見て、できることがあれば動くようにしましょう。
  • 育児は夫婦で行うことが大切。積極的にお世話をすることも大切ですが、ママの意見や役割も大切にしましょう。

モグモグ離乳食教室
のびのび教室(伊丹市サイト)
広報啓発DVD(赤ちゃんが泣きやまない〜泣きへの対処と理解のために〜)(厚生労働省サイト)

3.赤ちゃんと遊ぼう

  • 市の各施設では、様々な子育てイベントが開催されています。積極的にご参加ください。
  • 赤ちゃんやこどもは大人の様子をよく見て感じています。相手をするときはスマホなどを片手間にしないように注意しましょう。

伊丹市子育て支援センター
地域子育て支援拠点
伊丹市立中央公民館
伊丹市立図書館「ことば蔵」
伊丹市立北部学習センター(外部サイト)
健全育成のための活動プログラム(厚生労働省サイト)

4.赤ちゃんにまつわる行事(健診や予防接種など)

  • 母子ともに大切な産後の健診、公的な乳幼児健診、予防接種など、赤ちゃんがこなしていかなければならないことが沢山あります。ママに任せきりにするのではなく、成長を一緒に見守っていくことが大切です。

4か月児健康診査
10か月児健康診査
1歳6か月児健康診査
3歳児健康診査
定期予防接種
乳幼児定期予防接種Q&A(伊丹市サイト)

5.子どもの死亡原因の主な原因は「不慮の事故」!!家の中にも危険はいっぱい。

幼児期から小学生にかけて、「不慮の事故」が子どもの死亡原因の上位となっています。死にいたらないまでも、幼児の事故は実にたくさん起こっています。内容は年齢によっても特徴がありますが、そのほとんどは親の注意(環境整備)や子どもに安全のしつけを十分にすることで防げるものです。
子どもの成長とともにどんな事故が起こりやすいのかをよく知って、身の周りの子どもの目線で再点検しましょう。
<家の中での危険例>

  • たばこの吸殻
  • 炊飯器
  • ミニカー、ボタン電池、500円玉(トイレットペーパーの筒を通り抜けるものは飲み込む恐れがあります。)

誤飲/こどもの救急(日本小児科学会サイト)
乳幼児突然死症候群(SIDS)について(厚生労働省サイト)
「子どもを事故から守る!プロジェクト」(消費者庁サイト)

最後に

妊娠中・出産後のママは、つわりやホルモンバランスの変化で、気持ちも体もとてもデリケートになっています。ママを労い、話しを聴いたり、家事や子育てを一緒にするよう心がけましょう!
「ママ、今日もありがとう」この一言でママは頑張れます。

子育て応援情報

「いたみすくすく」をシェアしよう
  • つぶやく