【無償化】障がい児の通所支援・入所支援

[概要]

2019年10月1日より、3歳児から5歳児までの障がいのある子どもたちのための児童発達支援等の利用者負担額については無償化されることとなりました。

<対象となる施設・サービス>
・児童発達支援
・医療型児童発達支援
・居宅訪問型児童発達支援
・保育所等訪問支援
・福祉型障害児入所施設
・医療型障害児入所施設

<対象期間>
無償化の対象となる期間は、満3歳になって最初の4月1日から小学校就学前まで。
※市から支給決定を受けている方(青色の受給者証をお持ちの方)が対象となります。

<対象費用>
利用者負担額。
※幼稚園、保育園(保育所)、認定こども園等と併用する場合は、両方とも無償化の対象になります。
※医療費や食費など、実費負担分については無償化の対象外です。

<手続きについて>
無償化のための手続きは必要ありません。

[手続きなど詳しくは]

「令和元年10月からの就学前の障がい児の児童発達支援等の無償化について(3歳児~5歳児)(伊丹市サイト)」をご覧ください。

令和元年10月からの就学前の障がい児の児童発達支援等の無償化について(3歳児~5歳児)(伊丹市サイト)

子育て応援情報

「いたみすくすく」をシェアしよう
  • つぶやく